目頭切開解説ネット

はじめに

目頭切開についての解説

目頭切開手術というものは目の端の鼻側に当たる部分の、蒙古ひだをメスによって切開することによって目を大きく見せることができたり、二重まぶたにすることができるといった美容整形手術のひとつなのです。しかし、目を大きく見せたり、もしくは二重まぶたにするような目的の美容整形手術は、目頭切開手術に限ったものではありません。

その他の代表的な目元の整形としては、目尻切開法というものもあります。これは、目のこめかみ側に当たる部分の皮膚を、数ミリほどメスで切開するという手術です。ほかには切開法というものもあります。これは、まぶたにメスで切れ目を入れ、それによって二重まぶたにするといったような整形方法です。また、埋没法というものもあり、まぶたに浅い切れ目をメスによって入れ、非常に細い糸を使い、埋没させていくことで二重まぶたにするという整形方法です。

これらの整形手術というのは、どれも二重まぶたにしたり、目をより大きく見せたりといったような整形なのですが、両目の間隔バランスが元々いい人が、このような目尻切開手術であったり、目頭切開手術などを受けてしまうと、逆にバランスを崩してしまいます。

目の輪郭というものは、ほんの少し変わってくるだけで、顔全体の印象というのはずいぶんと大きく変わってしまうという、非常にデリケートな部分なのです。ですので目元の整形、その中でも特に目の間隔などといったバランスを整えたりするような整形手術を行うような場合は、慎重になりすぎるくらい徹底的に話し合って納得できるようなクリニックを探し、安心できるところで手術を受けるほうがよいでしょう。

また、美容整形クリニックは数多くありますが、その中にはいまでは目元整形を専門的に扱っているというような、目の整形にフォーカスして、力を入れているというようなクリニックも増えています。そのような目の整形手術に対しての経験が、多いような医師がいるクリニックであれば、失敗するというリスクを限りなく低減させることもできます。ですので、金額が安いからということを選択基準にして、手術をするクリニックを選ぶのは非常に危険です。

スポンサードリンク